外壁リフォーム塗料

外壁リフォームの塗料と費用

外壁リフォームに使用する塗料にはいくつか種類があります。

 

どれがいいのかわからないけど、安いやつでいいやと簡単に決めてしまっては後悔します。
まずはどんな種類の塗料があるのか知ってください。

 

外壁リフォーム 塗料 費用

 

アクリル系塗料:5〜8年:安価で使いやすいが耐久生が低い
ウレタン系塗料:7〜10年:柔らかい・木の部分や雨どいに
シリコン系塗料:10〜15年:耐久性、コストとバランスが良い
フッ素系塗料:15〜20年:耐久性がシリコンよりすぐれている
光触媒・無機塗料:15〜20年:耐久性が良いが高い
遮熱・断熱塗料(ガイナ):15〜20年:耐久性や断熱性が良いが高い
ラジカル塗料:14〜16年:家を傷めるラジカルの発生を抑える効果と防汚性が高い 知名度がまだ低い 

 

このように塗料の値段と耐用年数には密接な関係があります。
価格が安い塗料は耐用年数が短く、価格の高い費用は耐用年数が長いのです。

 

結局安い塗料を使うと次の外壁塗装までの期間が短いので、結局高い塗料を使うのとあまり変わらないのかもしれませんね。

 

この中でオススメは色の種類が多くて、コストパフォーマンスの良いシリコン塗料です。
そして比較的新しいラジカル塗料も人気上昇中です。

 

シリコン塗料の希釈は水かシンナーがあり、水性と油性と呼ばれます。
油性の方が長持ちですが、臭いが強烈なので住宅密集地で使用すると苦情が来るかもしれませんので業者と相談して決めましょう。